駅前の金融店で・・・

佐賀県で工場作業員として働く男性(29歳)

私は駅前にある金融店でお金を借りたことがあります。
当時の私は新社会人になりたての愚かな若者でした。

借金をした理由とは・・・?

私は就職し、学生の時のアルバイトよりもお金が入ると思い、給料が入る前に大好きな電化製品を購入しました。
給料が入れば生活ができると思い、大きな出費をしました。
しかし現実は甘くなく思ったよりも給料が少なかったのです。

このままでは生活ができないと思い、すぐにインターネットで調べてみました。
するとキャッシングサービスを利用すれば、すぐにお金を手にすることができることがわかります。
すぐに申し込みをしてお金を手にしたのですが、これが大きな間違いの始まりでした。

支払いに困り・・・

キャッシングサービスを利用すれば、必ず金利が発生します。
元金のことしか考えていなかった私は返済がとても大変になりました。

返しても返しても少しづつしか返済することができず、しかも金利分のお金が必要になったので、さらに別のキャッシングサービスを利用しました。そして私は多重債務者となりました。
給料が入っては返していくことを繰り返していたのですが、とうとう体調を壊してしまい仕事を辞めることになりました。

返済に向けて

収入が全くないのに返済をしなくてはならない状態だったので、弁護士に依頼をしてすこし待ってもらえるようにしました。
それから数カ月後体調が良くなり次の職場も見つけることができました。
前の職場よりも給料が良いため、弁護士と相談をしながら返済をしていきました。
その結果2年後にはすべてを返済することができ、自由を手にすることができました。

当時を振り返って

当時はキャッシングに対する規制があまり厳しくなく、金利も高い時代でした。
また総量規制などの法律も無く、返済能力を上回るお金を貸してくれる業者もあったそうです。
私が借りたのは、駅前にあるちょっと怪しい金融店で、今では潰れて無くなっています。
ただ当時は、お金を借りに来る人がひっきりなしに出入りしているような繁盛店でした。
金利も今の大手カードローン会社に比べると目玉が飛び出るくらい高かったです。
しかし金融業界への規制強化により、私が借りた金融店は潰れてしまいました。
今残っている金融店は、ほとんどが大手カードローン会社だと思います。
金利も私が借りたときに比べれば、とても良心的で法律をシッカリ守っているようです。

今の時代に借りていれば、もう少し楽だったのかもしれませんが、当時はほんとに大変でした。


10万円を金融屋でリボ払いにして借りた

IT企業で派遣社員として働く男性(54歳)

私は50歳を超えて初めてお金を借りました。
理由は生活費が足りなくなったためです。

50代前半の頃、転勤のため家族から離れ単身赴任をしていまいた。
今迄、寮生活は経験ありましたが、一人暮らしは初めてのことです。
この年になって何ですが、憧れの一人暮らしということで当初は期待を大きく持っていました。

しかし、ひとり暮らしとなると家賃、駐車場代、食費等出費が半端ありません。
正社員であれば補助金が出ると思うのですが、私は派遣社員として働いていたため、全く補助がありませんでした。
月収は30万少々でしたが、お金に困りはじめます。
当時は車のローンも月に4万ありましたので、生活するのがやっとでした。
昼は、会社の食堂でかけそば、夜は350mlの缶ビールとチーズ一つという生活が続くことになります。
これでもなんとか生活はできていましたが余裕がまったくなかった状況でした。

そんな生活をしている中、ひょんな事から女性と関係をもってしまいました。
お金がなくても自分の分は適当にやりくりできますが、さすがにデートの時はある程度の金が必要になってきます。
いい年をして割り勘という訳にもいきませんので・・・。
今日はデートという日に財布の中には5000円。給料日まで後10日はあります。
一人でも厳しいのに5000円ではデートなんかできません。

しかし、デートもしたい・・・。この時はじめてキャッシングをしました。
ネットで申し込んで2時間後にはお金が銀行口座に振り込まれています。
最近の金融屋さんはすぐにお金を借りることが出来ます。
こんなにも便利になったのか・・・。

借りたのは10万ほどです。
支払いはリボ払いにしました。
しかし、元々生活が苦しかった上に、リボ払い分の支払いが増え、さらに生活は苦しくなってきました。

結局、リボ払い分が払えないのでまたキャッシングする繰り返しです。
まったく支払い金額は減りません。こんな生活が2年位続き、車のローンがなくなった数ヵ月後に完済することができました。
派遣会社や家族にキャッシングのことがバレることもなかったです。

どうしてもお金が必要な時はあると思いますが、無計画に借りると後で大変な事になる事を実感しました。
それ以降どんなにお金が足りなくてもキャッシングには手を出していません。

きっかけとなった彼女とは2週間で別れたのですが、ローンとの付き合いは長くなってしまいました。


楽天カードのキャッシングでお金を借りた男性の話

自動車関連工場で派遣社員として働くO.Kさん(43歳)の事例

私は楽天カードの金融(キャッシング)を使ってお金を借りました。

金融会社からお金を借りるのは、派遣社員として働いている身ゆえに避けて人生を歩んできましたが、どうしてもお金が必要になり借りてしまいました。
クレジットカードの滞納が続き、督促状や電話が頻繁にかかってきていたからです。
このままでは月を越せなくなると思ったので、個人的には仕方なかったと思っています。

お金はすぐに借りることができました。

借金は目に見えない現金と同じです。
だから返済するとき以外は、まるで借金などしていないような気持ちになってしまいます。
そのたるんだ気持ちを正すためにも、常に来月再来月の返済額をチェックしなくてはいけません。
また余裕があれば、繰り上げ返済も積極的に行うべきです。

ただ1回返済を済ませると「俺は全部返せた!また借りても大丈夫だ!」という、変な自信につながってしまいます。
だから返済するのは当たり前のことだとハッキリ認識しておく必要があります。
返済しても見返りなど一切持たないようにして、ここからがやっとスタートラインだと思うべきです。
今までがマイナスにいていただけの気持ちをもってください。

また返済できないからといって、沢山の会社からお金を借りる人がります。

他の会社からも借りていますが新しく契約できますか?

それまでの借入の中で、延滞などがなければ可能性はあります。
カードローンの契約は1社だけにしたほうがいいです。
沢山の会社から借りると個人信用情報に書かれるので、今後の人生に不利な影響が出てしまいます。
どうしても限度額以上のお金を借りたいというときは、今借りている会社に相談してみましょう。
融資限度額を増やしてもらえるかもしれません。

既に複数の会社からお金を借りている人は、おまとめローンを検討するのも一つの手です。
おまとめローンは、借金を一社にまとめてくれるサービスです。
借金がまとまれば、元金や利息などが明確になり、今後の返済計画がとても立てやすくなります。