楽天カードのキャッシングでお金を借りた男性の話

自動車関連工場で派遣社員として働くO.Kさん(43歳)の事例

私は楽天カードの金融(キャッシング)を使ってお金を借りました。

金融会社からお金を借りるのは、派遣社員として働いている身ゆえに避けて人生を歩んできましたが、どうしてもお金が必要になり借りてしまいました。
クレジットカードの滞納が続き、督促状や電話が頻繁にかかってきていたからです。
このままでは月を越せなくなると思ったので、個人的には仕方なかったと思っています。

お金はすぐに借りることができました。

借金は目に見えない現金と同じです。
だから返済するとき以外は、まるで借金などしていないような気持ちになってしまいます。
そのたるんだ気持ちを正すためにも、常に来月再来月の返済額をチェックしなくてはいけません。
また余裕があれば、繰り上げ返済も積極的に行うべきです。

ただ1回返済を済ませると「俺は全部返せた!また借りても大丈夫だ!」という、変な自信につながってしまいます。
だから返済するのは当たり前のことだとハッキリ認識しておく必要があります。
返済しても見返りなど一切持たないようにして、ここからがやっとスタートラインだと思うべきです。
今までがマイナスにいていただけの気持ちをもってください。

そもそもクレジットとキャッシングの違いを知っていますか?
意外とみなさん知らないのではないでしょうか。
多くの人はクレジットカードを持っていると思いますが、ほとんどの場合キャッシング機能も付いています。
クレジットもキャッシングもお金を借りることには違いはありませんが、金利は全然違います。
クレジットであれば分割払いにしても数回であれば金利0だと思います。
しかしキャッシングは年利20%近くの金利がかかるのです。
キャッシングを利用する人はまずこの金利の違いを知っておいたのほうがいいかもしれません。
と、偉そうなことを言う私もこのサイトを見るまで知りませんでしたが・・・。
カードローンとクレジットカードの違い

また返済できないからといって、沢山の会社からお金を借りる人がいます。

他の会社からも借りていますが新しく契約できますか?

それまでの借入の中で、延滞などがなければ可能性はあります。
カードローンの契約は1社だけにしたほうがいいです。
沢山の会社から借りると個人信用情報に書かれるので、今後の人生に不利な影響が出てしまいます。
どうしても限度額以上のお金を借りたいというときは、今借りている会社に相談してみましょう。
融資限度額を増やしてもらえるかもしれません。

既に複数の会社からお金を借りている人は、おまとめローンを検討するのも一つの手です。
おまとめローンは、借金を一社にまとめてくれるサービスです。
借金がまとまれば、元金や利息などが明確になり、今後の返済計画がとても立てやすくなります。