駅前の金融店で・・・

佐賀県で工場作業員として働く男性(29歳)

私は駅前にある金融店でお金を借りたことがあります。
当時の私は新社会人になりたての愚かな若者でした。

借金をした理由とは・・・?

私は就職し、学生の時のアルバイトよりもお金が入ると思い、給料が入る前に大好きな電化製品を購入しました。
給料が入れば生活ができると思い、大きな出費をしました。
しかし現実は甘くなく思ったよりも給料が少なかったのです。

このままでは生活ができないと思い、すぐにインターネットで調べてみました。
するとキャッシングサービスを利用すれば、すぐにお金を手にすることができることがわかります。
すぐに申し込みをしてお金を手にしたのですが、これが大きな間違いの始まりでした。

支払いに困り・・・

キャッシングサービスを利用すれば、必ず金利が発生します。
元金のことしか考えていなかった私は返済がとても大変になりました。

返しても返しても少しづつしか返済することができず、しかも金利分のお金が必要になったので、さらに別のキャッシングサービスを利用しました。そして私は多重債務者となりました。
給料が入っては返していくことを繰り返していたのですが、とうとう体調を壊してしまい仕事を辞めることになりました。

返済に向けて

収入が全くないのに返済をしなくてはならない状態だったので、弁護士に依頼をしてすこし待ってもらえるようにしました。
それから数カ月後体調が良くなり次の職場も見つけることができました。
前の職場よりも給料が良いため、弁護士と相談をしながら返済をしていきました。
その結果2年後にはすべてを返済することができ、自由を手にすることができました。

当時を振り返って

当時はキャッシングに対する規制があまり厳しくなく、金利も高い時代でした。
また総量規制などの法律も無く、返済能力を上回るお金を貸してくれる業者もあったそうです。
私が借りたのは、駅前にあるちょっと怪しい金融店で、今では潰れて無くなっています。
ただ当時は、お金を借りに来る人がひっきりなしに出入りしているような繁盛店でした。
金利も今の大手カードローン会社に比べると目玉が飛び出るくらい高かったです。
しかし金融業界への規制強化により、私が借りた金融店は潰れてしまいました。
今残っている金融店は、ほとんどが大手カードローン会社だと思います。
金利も私が借りたときに比べれば、とても良心的で法律をシッカリ守っているようです。

今の時代に借りていれば、もう少し楽だったのかもしれませんが、当時はほんとに大変でした。