10万円を金融屋でリボ払いにして借りた

IT企業で派遣社員として働く男性(54歳)

私は50歳を超えて初めてお金を借りました。
理由は生活費が足りなくなったためです。

50代前半の頃、転勤のため家族から離れ単身赴任をしていまいた。
今迄、寮生活は経験ありましたが、一人暮らしは初めてのことです。
この年になって何ですが、憧れの一人暮らしということで当初は期待を大きく持っていました。

しかし、ひとり暮らしとなると家賃、駐車場代、食費等出費が半端ありません。
正社員であれば補助金が出ると思うのですが、私は派遣社員として働いていたため、全く補助がありませんでした。
月収は30万少々でしたが、お金に困りはじめます。
当時は車のローンも月に4万ありましたので、生活するのがやっとでした。
昼は、会社の食堂でかけそば、夜は350mlの缶ビールとチーズ一つという生活が続くことになります。
これでもなんとか生活はできていましたが余裕がまったくなかった状況でした。

そんな生活をしている中、ひょんな事から女性と関係をもってしまいました。
お金がなくても自分の分は適当にやりくりできますが、さすがにデートの時はある程度の金が必要になってきます。
いい年をして割り勘という訳にもいきませんので・・・。
今日はデートという日に財布の中には5000円。給料日まで後10日はあります。
一人でも厳しいのに5000円ではデートなんかできません。

しかし、デートもしたい・・・。この時はじめてキャッシングをしました。
ネットで申し込んで2時間後にはお金が銀行口座に振り込まれています。
最近の金融屋さんはすぐにお金を借りることが出来ます。
こんなにも便利になったのか・・・。

借りたのは10万ほどです。
支払いはリボ払いにしました。
しかし、元々生活が苦しかった上に、リボ払い分の支払いが増え、さらに生活は苦しくなってきました。

結局、リボ払い分が払えないのでまたキャッシングする繰り返しです。
まったく支払い金額は減りません。こんな生活が2年位続き、車のローンがなくなった数ヵ月後に完済することができました。
派遣会社や家族にキャッシングのことがバレることもなかったです。

どうしてもお金が必要な時はあると思いますが、無計画に借りると後で大変な事になる事を実感しました。
それ以降どんなにお金が足りなくてもキャッシングには手を出していません。

きっかけとなった彼女とは2週間で別れたのですが、ローンとの付き合いは長くなってしまいました。